それさえもおそらくは平凡な日々

 12/28が仕事納めで、そのまま冬休み。とはいえ、コロナも完全に収まってるわけでもなく、息子が受験生なのでどこかに行くことも無い。地道に過ごした冬休みだったなぁ。それで、年末年始に読んだ仕事で活用したい本3冊を読了したり、まだ別の本を読んでいたりと、結構読書が捗ったかも。漫画も一杯読んでいる(笑)。好きな漫画話とかは別でまた書いてみたいかな。

 そして、昨日(1/4)から仕事初め。今年は冬休みが短かった感じだね。今はリモートワークが中心だから無理して会社行かなくても良かったんだけど、年始だし、顔合わせて挨拶するのも良いかなと出社。でも、朝一は散歩して、朝食採って、洗濯して、そして家で仕事をして、昼飯も食べてから会社へ行くという。ほんの2年前まで、そんな事、簡単にはできなかったのに、今ではそういう働き方が当たり前になっていてありがたい。

 会社には出てたけど、お客様に会う予定も無かったので、スーツじゃなくて私服で行ってた。これもなかなか以前では無かった事なので、うちの会社も変わったなと。そういう事が通る時代が、新型コロナによって一気にやってきたんだなと。服はあまり拘らないので、寧ろコーディネートに悩むぐらいならスーツが!という考えだったんだけど、スーツはクリーニング出さなくてはいけないとか面倒臭いので、最近は私服の方がありがたい。

 でも、あまり考える気は無いので、クルーネックの色違いを3つぐらい持っていて、それを順番に着回しているだけ。ボトムは黒ジーンズとかで。靴も革靴じゃないし。なんて楽なんだろう。

 昨日は寒かったから超極暖ヒートテックにクルーネックシャツ着て、ヒートテックパンツと、ユニクロ三昧(笑)。ジャケットもユニクロだな。そこに今年買ったGLOBAL WORKのコート着て、大判マフラーで首回りもモコモコに。手袋も持っていって、完全防寒装備。

 正月明け初日は、挨拶回りして、部署の人達と初詣行って、新年会、という流れなんだけど、流石にコロナ禍ではね。まあ、有志数名で行く?とか行ってたんだけど、メンバーの仕事が長引いて初詣は無し。でも、飲みには行った。

 こういう場が、最近は減ってたよねぇ。昨年11月ぐらいから少しそういう場が戻ってきてはいたけれど、なかなかね。だからこそ楽しかったんだけども。ただ、まさか飲み屋をハシゴする事になるとは思ってなかった。久しぶりに二日酔いになった(笑)。

 では帰ろうかって事で店を出たら、なんか写真を撮ってる人達がいる。何だろうとそっちを見たら、こんな光景が。

FullSizeRender

 なかなか粋な事をしてくれる。酔っ払いが皆、写真撮りまくってた。私も撮ったからこの写真がある(笑)。

 そんな感じで、今年は出社初日から飲んだくれてしまって、今日は軽く二日酔いになったけど、朝の散歩もして1万歩歩いたし、仕事もリモートワークできっちりやれたし、何とかなるもんだね。

 ただ、ニュース見てると、コロナのオミクロン株がえらい事になっているようで……うーん、11月からの流れで、徐々に出張とか飲み会の話が増えているんだけど、また規制かかるようになっていくのかな。何でもかんでも対面でやらなくてもやっていける事が分かったから、ある程度は減ってくれて良いんだけどね。ただ、社会不安が続くのは嫌。息子の受験もあるから、これ以上拡大しないで欲しいな。

 息子が受験生だし、コロナも収まってきたとはいえ遠出するにはなぁという事もあって、散歩以外はほぼ引きこもっていた年末年始。漫画も読みまくったけど、真面目な本も読んだので軽く感想を。一冊で一つの記事にしても良いけど、折角だから年末年始に読んだ本って事で。

0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のための

 仕事をしていて、なかなか動けない事が多くなって、悩んでいたのでタイトルで惹かれて読んだ本。章も項もまぜこぜにして目次から良いなぁと思った部分をピックアップしてみる。

  • 結論を出せ
  • 情報は、一程度集めたら、あとはいくら集めても同じ
  • とにかく、ひとまず手をあげよう
  • 動き出したら反省しない(フィードバックを受けない)
  • 「心理的安全性」を築こう
  • 目的を達成するためには、「根回し」でもなんでもやったほうがいい
  • 自分の中に軸がない時にはまずは「仮置き」をする
  • 会社のビジョンと自分のビジョンが合わない時

 こういう目次を見るだけでも、うんうんって頷いてしまう。そして内容を読めばそれについて詳しく書いてあって、なるほどなぁやってみようかなぁと思うような事ばかり。正直「軸」の部分が難しくてね。すぐにできる訳ではないけれど、前半にあるような、まず結論を出して動いて、結果をもとにして次の結論を出して……の繰り返しで進めていくのは、大事だなと思う。昔はそれやってたつもりなんだけどなぁ……色々あってできなくなってしまってたから、反省。ちょっとずつ戻していこう、と思わされた。


自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書

 部下育成をどうやろうかなと考えている中で、これまたタイトルで読んでみた本。上司一年目じゃないんだけどね(笑)。こちらも目次からピックアップ。

  • 優秀な人が指示待ち人間をつくる
  • 「教えない教え方」をやってみた
  • 上司の非常識な六訓
  • 「仕事の分解」は上司の仕事
  • 仕事のコツを部下に教えるなかれ
  • 「自分がやった方が早い病」を治す
  • 「頑張るな」といたわられるから頑張れる

 自分が部下だったらどうかという視点も入ってるんだけども。こういう上司が良いなと思う視点ね。それなら自分が上司ならどうかと考えたら、なかなかできていない事が多い。この本は、ケース的な感じで例示があって、その上でどうしたら良いかという事を説明してくれているので分かり易い。改めて振り返ったりするのに良いかなとも思う。さて、今年、これを参考にどこまで私は実行できるのか……


「自分」を殺すな、武器にしろ

 3冊目こちら。こちらは目次から……そうだなぁ、この本は章だけにする。

  • なぜ、いま"本当の自分"に気づいてほしいのか
  • 自分の"才能のタネ"を知り、強みに育てる方法
  • 強みを使いこなす、そして武器にする

 世の中にはアセスメントとか自己分析とか色々あるんだけど、それをやった結果、自分の欠点ばかりをついつい見てしまう。欠点を直そうとしてしまう。でもこの本では、それが間違いだと言っている。自分の強みを伸ばす方が労力に対する効果が違うと。

 これが個人の話だけではなくて、チームという見方も入ってくる。強みは皆違うから、その違った強みを活かして組み合わせて、そしてチームとして力を発揮しようと。その為にも自己認識の精度を高めていこうと。その為にツールがあるんだよと。

「自分」を殺すな、武器にしろ
瀬戸 和信
朝日新聞出版
2020-12-07

 個人的には、0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のためので読んだように、まずは仮説を立てて動いてって時に、自分が強みを発揮できる方向性だと動き易いよね。「自分」を殺すな、武器にしろであるように、自分の強みの理解とその活用だなぁ。それを広げてチームとして考えると、自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書にあるように、部下の強みを活かして、指示待ちじゃなくて自分で動いて更に強みが伸ばせるような、そんな動きができるように仕向けられたらなぁと思う。

 毎日一万歩歩くぞ!ってやり始めたのはいつだっけか? 2年前の事がきっかけで歩き回るようになったのは確かだけど、一万歩を意識したのはいつだったかな? 何にせよ、毎日歩くように頑張っている。ただ、毎日歩くって結構大変で、モチベーションがねぇ。

 最初はまだ良い。知らない場所を歩いてるだけでも新鮮さがあるし。でももう2年も歩いていると家の周りの景色は見慣れてしまってる。マンネリ化は避けられない。それでもただルーティンで歩くのは苦痛だよね。

 そんな人にお勧めなのが位置情報ゲーム。ゲームしながら歩けるのでこれはお得!

 という事で、私が遊んでいる位置情報ゲームと、一万歩歩く時にどうしているかを紹介してみる。

 基本的に位置情報ゲームは、その場所に実際に行く事が必要になるので、家の中にいるだけでは絶対にできない(インチキは別)。

Ingress Prime - Google Play のアプリ

 Ingressは、今だとポケモンGOの方が有名なのかもしれないけれど、元はGoogleだったNianticという会社が運営している位置情報ゲーム。IngressをベースにしてポケモンGOはできていると思って貰えれば。

 基本的には、二つの陣営に分かれていて、ポータルと呼ばれる場所を取り合い、そしてそのポータルを繋いで(リンク)、三角形(コントールフィールド)を作ってその面積とか人口密度に応じて手に入るポイントを争うゲーム。始めた頃は、結構必死に三角作ってたけど、今は違う遊び方してるかな。

 このゲームが良いのは、ミッションという名のオリエンテーリング的な遊び方がある事。ここに行って、次はこっちとある程度決まっていて、そこを歩いていくとこんな風にメダルが貰えると。これは連作ミッションといって、連作になっているミッションを順番にクリアしていくと、最終的には一つの絵になるというもの。これが好きで、何百とミッションをやってしまった……(笑)。

FullSizeRender

 それが楽しくてあっちへ行ってみたりこっちへ行ってみたり。休日は車を使ってメダルが貰える所へ行って歩いてみたり。これが楽しい。

Pikmin Bloom 「ピクミン ブルーム」 - ピクミンとおでかけ

 続いてピクミンブルーム。これもベースはIngressかな。会社は同じだし。ただ、そこに任天堂も絡んでくるので、雰囲気が全然違ってくる。ピクミン連れて歩いて、歩いた道沿いに花を咲かせていくゲーム。連れて歩けるピクミンも増えるので、ワラワラ連れて歩く感じ。

FullSizeRender

 自分が歩いた所に花が咲いていく。田舎にいると、なかなか人も少なくて、私が歩いた所に花が咲いていく感がちょっと嬉しかったりする。そしてこのゲームは、起動していなくても歩いた歩数はカウントしてくれるので、それで新しいピクミンが仲間に入ったり、ピクミンがお使いを済ませてくれたりするので、起動率が低くても大丈夫なのが素敵(笑)。

ドラゴンクエストウォーク 公式プロモーションサイト | SQUARE ENIX

 3つめがドラゴンクエストウォーク。ドラクエ好きだったらやってみたら良いと思う。見覚えのあるモンスター達が出て来て、自分は歩き回って戦闘してレベルを上げていくという、懐かしさと楽しさがある。シナリオはオリジナルなんだけど、DQ1からのシナリオを絡めたイベントをやってくれたりもするので、懐かしさはかなりあるね。

IMG_4304

 ピクミンでもできるんだけど、自分のキャラをリアルに重ねて撮影できるARモードがあるので、育てたキャラと連れて歩く仲間モンスターでAR撮影したりして、それも楽しい。私はこのAR+ダンボーで撮影してインスタ投稿したりしている(笑)。

 ちなみにこのゲームは起動していないと駄目なんだけど、ウォークモードってのがあるので、そのモードにしておいて、後はポケットに入れておけば勝手に戦闘してレベル上げしてくれるので、そこそこの距離を歩く時は多用している。

 この3つの位置情報ゲームをやっているので、メインでやりたいクエスト(もしくはミッション)があるゲームをメインで起動させておいて、後は裏で起動しておいてちょこちょこ弄るってのが毎日かな。これだけでも毎日1時間半歩くのは余裕。寧ろ3つもあるので、今日はどれをメインにしようかとか、切り替えてる間に落ちてしまって再起動になるアプリがあったりとかで結構忙しい(笑)。

 ジムに行く程でもないけど、ちょっとずつ動きたいって人にはもってこいだと思うので、興味が湧いたゲームがあれば遊んでみて欲しい。私も多少はサポートできるかもしれないので、一緒に遊べたら遊びましょう(笑)。

 では最後に、今日のインスタ。今日も晩飯ネタ。骨なしスペアリブとポテサラ付きサラダ。2枚目に大吟醸!

 元旦だけど、特に元旦という感じもしない。息子が受験生だから、試験の日程の方ばかり気になって、全然正月感が無い。でも、それも寂しいなぁという事で、晩は出前寿司取ってみたりして。

 冷酒も買ってきておいたので、のんびり飲みながら寿司をつまんで、寿司が終わっても残ってるのをちまちまと呑み中。正月感あるなぁ……あ、でも、そういえば、朝は餅食べたよ、うん。レンチンして牡蠣醤油海苔で巻いて食べる、シンプルだけど正月はこれ!

 さて、元旦という事で、今年の事を考えてみる。仕事が忙しくて、元々やっていたブログも全部休止にして、バタバタしたこの数年。2年前に私的に辛い事があってそれで更に何もする気が無くなって、そこにコロナ禍が……と、本当に令和になってからは酷かった。それから完全に立ち直ってる訳ではないけれど、前を向かないととも思う。そんな事を年末に考えていて、今年はこれでやってみようと思った事……

 若い人達の為に何かできないかなと。我が子は勿論のこと、会社の後輩や部下、公私関係なく関わりのある全ての若い人達に、おっさんとして何かしてあげられないかなと。自分の為に何かを頑張るって、まだ気力が湧かないや(苦笑)。だけど、他の人の為ならって思えるし、他の人の中でも、やはり未来がある若い人達に何かしてあげたい。手伝ってあげたい。支援してあげたい。その筆頭にいるのが我が子なのは間違い無いけども。

 その為には何か新しい事をってのもあるだろうけれど、これというのは無い。どちらかというと、歳と共に落ちていくアンテナを高くしていく事だろうか。若い人達の方へというよりは、普通に広く。自分が経験してきた事に、新しい情報が加わって、何かまた違う視点とか考え方を持てたなら、それはきっと悩む若い人の参考になる……可能性がある(笑)。押しつける気も無いし、責任も取れない。でも、どうして良いか分からないよりは、一つの意見として聞いて貰えればと。その分、自分でも納得する理由とか理屈はいるんだけども。

 去年は資格を取ってみようかと本を買って勉強し始めてみたけど、続かなかった。精神的にも閉じて閉じて消えていくような状態だったから、それをせめて元々の私ぐらいに、できればそれ以上に広げるようにしていきたい。視座を高く持つのは性格的にきついのかもしれないけれど、広くする事は頑張ればできるんじゃないかなって。自分の為じゃなく、若い人の為に、これからの未来がある人の為になら頑張れるんじゃないかって。

 私は、伝える事と繋ぐ事がしたいって10年以上前にも書いた事がある(休止中のブログでね)。だから、ある意味原点回帰なのかもしれない。私の本質なのかもしれない。でも、それが少しでも人の役に立つなら、そして私自身が前を向く理由になるなら、やってみようかなって思う。

 こうしてブログを復活する気になったのも、テーマが特に決まらなかったのも、その影響かな。まずは動いてみる。失敗してもやってみる。元々、下らない事を延々と文章にしていくのが好きだった私が、数年間ほぼ何もアウトプットしていない。書いてみて改めて考える事もある、見直す事もある。そういう所からスタートしていって、徐々に自分を見つめ直して、そして前を向いていけるように進んで行きたいと思う。

 ふわっとしていて、具体的に何かさっぱり分からない内容で申し訳無いけど……特に昔のブログを見てくれてるとか、twitterのフォロワーじゃないと意味が分からない事もあるかもしれないけれど、そういうのを抜きにしても、どこかの子持ちのおっさんが、今年は前向きに動くぞ!って宣言してると思って見て貰えれば。できれば応援して貰えれば嬉しいかな(笑)。

 新年明けましておめでとうございます。
 今日から始めるブログなので、今年からよろしくお願いします。

 という事で、ブログを始めることにした。
 過去にも、ニュースサイトや雑文サイトをやっていたので、ブログ自体が初めてな訳ではないが、心身共に余裕が無くてここ数年休止していた。休止していると復活するのにもパワーがいるので、そっちはもうそのままお休みにして、新しいブログ立ち上げようかと(笑)。

 ブログのタイトルは、所謂HPをやっていた頃のタイトルを復活させた。
 元ネタたがみよしひさ先生の短編「それさえもおそらくは平穏な日々」から。この作品とこのブログは何も関係ないんだけど、タイトルの響きが好きで。そして平凡な日常から楽しい事を見つけて、それを書いていこうという初期コンセプトに戻ってみようという事で、平穏が平凡に変わってこのタイトルに。

 このブログでは、あまり書く内容にテーマを設ける予定が無い。日記メインかなと思うが、読んだ漫画の感想を書いたり、買った物のレビューをしたり、散歩して撮った写真の話をしたり(それはそのままインスタにいくんだが)、ネットで見た記事を紹介しつつコメントつけたり……まあ、自由に。

 毎日更新するのか一日何度も更新するのか、週一なのかといった事も決めない。書ける時に書いて、書けない時は書かない。無理はしない。もう歳だし。無理してもつまらなくなるだけだし。楽しみとして日常から楽しい事、思った事、気づいた事、そんな事をつらつらと書いていきたい。

 という事で、最初はこのブログの位置づけみたいな物を書いてみた。

 これからよろしくです!